読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[[ともっくす alloc] init]

ともっくすの雑多な日記と技術的なメモ

アジトオブスクラップのリアル脱出ゲーム「パズルルームからの脱出」に挑戦したけど,またまた脱出できなかったし悔しいけどやっぱり楽しかったよ

先日,友達7人と,アジトオブスクラップの「パズルルームからの脱出」に挑戦してきた.

前回は「魔王城からの脱出」に挑戦して失敗し,前々回は「夜の遊園地からの脱出inひらぱー」に挑戦して失敗し,全敗

というわけで,リベンジということで,「パズルルームからの脱出」に参加してきた.

内容としては,こんな感じ.

目が覚めると、そこは見知らぬ部屋の中。

周囲に広がる幾何学模様。不可思議な暗号文。
まるで部屋全体がひとつのパズルのようだ。

首に巻かれたチョーカーが爆発するまであと1時間。
すべてのパズルを解かなければ、あなたは死ぬ。

あなたはこのパズルルームに隠された秘密を暴きだし
10人の仲間とともに脱出することが出来るだろうか?

パズルルームからの脱出 - アジトオブスクラップ京都

f:id:o_tomox:20140117222130j:plain

リアルでチョーカー着けます.

雰囲気あります.


7人で頑張った!

リベンジを誓った!

結果,脱出失敗!!


悔しすぎる!

脱出出来なかった悔しさ,リベンジを果たせなかった悔しさも強いけれど,何より,これまでの中で一番惜しかったという印象が強いのが悔しい!

あとすこしで脱出だったのにという悔しさ…


アジトオブスクラップの脱出ゲームでは,プレイヤーが進行できていなかったり,詰まっていたりしたとき,ちょっとだけヒントをくれる.

そのヒントの出し方も絶妙で,良い感じの量のヒントをちょっとずつ出していき,「あと少しで脱出だったのに!」というところまで導いてくれる.気がする.*1

なので,「惜しかった!」というのにも程度が存在する気がしていて,前回の「魔王城からの脱出」の場合は,「そんなに惜しくはないけど後少しで脱出できた」=「結構ヒントを貰ったかもしれない」だった.
ただ,今回の「パズルルームからの脱出」では,「本当に惜しくてあと少しで脱出できた」=「そんなにヒントを貰っていない気がする」だった.

そんなわけで,本当に悔しい…

友人も同じような感想だったので,みんな感じることは同じなのだろう.


そして,また,リベンジを誓った.

次こそは脱出成功のエントリーを書きたい.

*1:これは個人的な感覚で,本当に狙っているのか偶然なのかは分からない